ウェルネスダイニングとわんまいるの宅配弁当を徹底比較!

ウェルネスダイ二ングとわんまいるの宅配弁当を比較!

一人暮らしの大学生、仕事が忙しい方、妊娠中や小さい子供を持つ方、お年寄り、病気やダイエットのために食事制限が必要な方の共通の悩みは「毎日の食事」ではないでしょうか?

 

  • 仕事が忙しくて買い物に行けない
  • 高齢で一人で料理をするのが大変
  • 栄養バランスや制限食のメニューを考えるのが面倒

 

といった理由から、ついコンビニやスーパーのお弁当で手軽に済ませている方が増えています。

 

しかし、そんな時におすすめなのが今話題の宅配食サービス!

 

そこで今回は宅配食サービスの中でも人気の「ウェルネスダイニング」と「わんまいる」の特徴などをご紹介していきます。

 

ウェルネスダイニングの宅配食の特徴とメリット

 

ウェルネスダイニング わんまいる

 

数ある宅配食サービスの中でも、ウェルネスダイニングは「これまで食べた中で一番おいしい」「制限食を届けてくれるので助かる」など、ネットの口コミなどでも大変評判が良く話題になっています。

 

やはりウェルネスダイニングの最大の魅力は、なんといっても、症状別に合わせた制限食が6種類から選べるという点(*^-^*)

 

例えば、高血圧と腎疾病で医師から1日の塩分摂取量を制限されていたり、糖尿病で糖分を控えなければならないという人は少なくありません。

 

しかし、いざ自分で塩分や糖分を調整しながら料理を作るのはなかなか大変で難しいものです。

 

そんなときに頼れるのがウェルネスダイニングの制限食!

 

  • ウェルネスダイニングには、カロリーを制限したい方向けの「カロリー制限気配り宅配食」
  • 塩分を制限したい方向けの「塩分制限気配り宅配食」
  • たんぱく質と塩分の制限がある方向けの「たんぱく&塩分調整気配り宅配食」
  • 糖質を制限したい方向けの「糖質制限気配り宅配食」
  • 健康保持・増進の方向けの「健康応援 気配り宅配食」
  • 栄養バランスが気になる方向けの「(厳選)栄養バランス気配り宅配食」

 

といった、糖尿病や高血圧、腎臓病などの持病がある人でも安心して食べられるメニューが用意されています。

 

また、ウェルネスダイニングには管理栄養士が常駐しているため、持病があって食事制限が必要な方や糖尿病のケアなどの制限食でどのコースを選べば良いかわからない場合、

 

食事内容が自分に合っているかなど、食生活に関することなら何でも無料で管理栄養士に相談することができるといったメリットがあります。

 

ウェルネスダイニングの宅配食のデメリット

 

ウェルネスダイニングは口コミでも評判が良く、悪い口コミはあまり見当たりません。

 

また、肝心の味もとてもおいしく他社の宅配弁当と比べても断然おいしく食べられたといった口コミが多く見受けられました。

 

しかし、口コミの中で一つ引っかかったのが「量が少ない」ということです。

 

ウェルネスダイニングは他社と比べて少し量が少なくなっているため、よく食べる方や妊娠中で赤ちゃんの発育のためにもより多くの栄養をとりたいという方には少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

わんまいるの宅配弁当の特徴とメリット

 

ウェルネスダイニング わんまいる

 

わんまいるは、低カロリー・減塩の健康的な食生活をサポートしてくれるだけでなく、素材や味にもこだわった宅配食サービスです。

 

ほとんどの宅配食サービスは管理栄養士監修というものが多いですが、わんまいるは管理栄養士だけでなくプロの料理人も献立作りに参加しているため、どうしても味気なくなってしまいがちな健康食をおいしく食べることができるといった特徴があります。

 

また、旬の食材を使った作りたてのお弁当を急速冷凍しているので、賞味期限を気にせず買い置きしておけるといったメリットがあるほか、合成保存料や着色料不使用、野菜は100%国産、魚介類は直接買い付けたり漁港と提携するなど、品質管理にも徹底的にこだわっています。

 

さらに、わんまいるの冷凍惣菜は一品一品小さな包装に包まれているので、たくさんの量を冷凍庫に入れておき、食べたいときに選べるといったメリットがあります。

 

これなら冷凍庫が小さくてもかさばらずにたくさん入るので助かりますよね☆

 

わんまいるの宅配弁当のデメリット

 

わんまいるもウェルネスダイニングと同様にネット上での口コミも評判が良かったのですが、色んな口コミを見ているといくつかデメリットだなと感じた部分がありました。

 

それは、送料が高いということです。

 

わんまいるは初回のお試しセットはクーポンで送料が相殺されるため無料になりますが、それ以外だと1回の注文ごとに918円の送料がかかってしまうため、少しお高めの送料だなと感じている方が多いようです。

 

また、他の冷凍食品はパッケージに入っているものが多く、そのままレンジでチンして食べられますが、わんまいるはビニール袋に入っているので食器に移し替える必要があり、食器を洗う手間が増えるといったデメリットもあります。

 

ウェルネスダイニングとわんまいるはこんな人におすすめ!

 

それぞれどんな人におすすめなのかまとめてみました☆

 

☆ウェルネスダイニング

 

☆わんまいる

 

 

それぞれ特徴があるので、自分に合った方のお弁当を頼んでみてくださいね^^

 

ウェルネスダイニング 一人暮らしウェルネスダイニングの冷凍弁当を食べた感想口コミ記事はこちら

page top